Shopping Cart

0 合計 ¥ 0

1万円以上、送料無料代金引換、手数料無料

※ 一回のご注文合計金額10,800円(税込)以上で、配送送料・代金引換手数料が無料です。

  • TDO抵抗器
  • Bel Stewart Connector

Vol.261 ルビコン 製品ラインアップ拡充『フィルムコンデンサ「MPCシリーズ」、"PMLCAP"「MUシリーズ」』のご紹介

2018.02.06
=======================================================================
E-Globaledge Corporation
https://www.e-globaledge.com/

【Vol.261】 ルビコン 製品ラインアップ拡充
『フィルムコンデンサ「MPCシリーズ」、"PMLCAP"「MUシリーズ」』のご紹介
=======================================================================

お客様各位

いつも弊社をお引き立て頂き誠にありがとうございます。

さて今回は、ルビコン株式会社の製品ラインアップが拡充された『スナバ用パ
ワーフィルムコンデンサ「MPCシリーズ」、薄膜高分子積層コンデンサ"PMLCAP"
「MUシリーズ」』をご案内します。

~「MPCシリーズ」700V追加、「MUシリーズ」最高電圧100V⇒200Vへ拡大 ~

ご入用の際には、是非ともお引き合い頂けます様どうぞ宜しくお願いします。

<<製品概要のご紹介>>
-----------------------------------------------------------------------
【スナバ用パワーフィルムコンデンサ「MPCシリーズ」】
-----------------------------------------------------------------------
同社では、パワーエレクトロニクス用途向けに様々なフイルムコンデンサを開
発・ラインアップしており、MPCシリーズは、角型で低ESR・大電流対応を特長
としたスナバ回路用のパワーフィルムコンデンサです。スナバ回路用コンデン
サは、インバータ回路等で生じる過渡的な高電圧によるスイッチング素子の故
障を防止する為に使用されますが、600V系のスイッチング素子が高耐圧化する
傾向にある為、それを保護するスナバ用コンデンサにも高耐圧化が求められて
います。そこで、MPCシリーズ630V品の耐圧を向上させ、700V品を標準品とし
て新たにラインアップされました。

■ 特長
MPCシリーズは、メタライズポリプロピレンフィルムを使用し、独自の蒸着パ
ターンと内部構造により高信頼性を有しています。今回、製品仕様と製造条件
の最適化を行う事で、従来の630V品の静電容量・サイズ・許容電流を維持しな
がら定格電圧を700Vまで引き上げる事に成功致しました。
MPCシリーズは、定格電圧700V~1600V、静電容量0.1μF~2.2μFの範囲でカスタ
ム設計可能な製品です。要求仕様に応じて最適な設計を致しますので、詳細は
弊社までお問い合わせ下さい。

■ MPCシリーズのカスタム対応範囲
カテゴリ温度範囲  -40℃ ~ +85℃
定格電圧範囲  700Vdc ~ 1,600Vdc
静電容量範囲  0.1μF ~ 2.2μF

■ 700V品の標準品一覧
定格電圧
(Vdc)
静電容量
(μF)
寸法 (mm) 許容電流
(Ar.m.s/10kHz)
奥行き 高さ 端子ピッチ
700 0.1 37 19 32.5 22 1.3
0.22 37 24 37 22 2.8
0.47 37 24 37 22 4.5
0.68 37 24 37 22 5.1
1 48 22 35 22,28 5
1.5 48 24 38 22,28 7.5
2.2 58 26 40 22,28 8.2

■ 量産開始:2018年1月

-----------------------------------------------------------------------
【薄膜高分子積層コンデンサ"PMLCAP"「MUシリーズ」】
-----------------------------------------------------------------------
薄膜高分子積層コンデンサ"PMLCAP"は、真空蒸着法で1μm以下の高分子薄膜の
誘電体を形成する事により、従来のフィルムコンデンサに比べ大幅な小形化、
軽量化を実現した製品です。圧電効果による特性変動が無い事、低誘電吸収、
低歪、うなり音が小さい等の優れた特長を持つ事から、ノイズ対策、オーディ
オ機器の音質改善、液晶パネル・LED照明等の音鳴き対策といった用途で採用
されています。また、誘電体に高耐熱性の樹脂を採用しており、-55℃~+125℃
までの広いカテゴリ温度範囲を有する事から、低温・高温環境で使われる機器
にも使用可能な製品です。
PMLCAPは、従来16V~100Vまでの電圧範囲でのラインアップでしたが、100Vを
超える電圧域におけるフィルムコンデンサ面実装品の小形化要求に応える為、
今回PMLCAP「MUシリーズ」に200V品が追加されました。

■ 特長
従来の構成材料を用いる事で優れた製品特性を維持しながら、製品構造・製造
方法・製造管理を工夫する事で、これまでの最高電圧100Vの2倍に当る200Vを
実現しています。
200V品の製品仕様は、カテゴリ温度範囲-55℃~+125℃、静電容量範囲0.0001μF
(100pF)~0.1μF、サイズ3216(3.2x1.6x1.0/1.4mm)及び3245(3.2x4.5x2.6mm)で、
リフロー・フロー実装に対応しています。

■ 主な製品仕様(200V)
カテゴリ温度範囲  -55℃ ~ +125℃
静電容量範囲  0.0001μF ~ 0.1μF
サイズ  3216 , 3245

■ 量産開始:2017年12月

※ 製品仕様の詳細、カタログのご請求につきましては、弊社営業担当又は、
  下記へお問い合わせ下さい。
E-mail: cs1-news@ml.e-globaledge.com
TEL: 03-6412-5082 / FAX: 03-3526-4177

※ ルビコンの製品は、弊社WEBショップ『eTechnoShop』より、お買い求め頂
  けます。ラインアップにつきましては、下記のURLよりご覧下さい。
https://www.etechnoshop.com/category/maker_betsu/rubycon

=======================================================================
電子部品、産業用コンピュータ機器のオンライショップ『eTechnoShop』
 URL: https://www.etechnoshop.com/

◆ 新規取り扱い製品のご案内 ◆

ルネサスエレクトロニクス『エミュレータオプション製品、関連製品』の取り
扱いを拡充しました。
https://www.etechnoshop.com/category/maikon_kaihatsu_kankyo/emulator_renesas

Microsemi/Adaptec『8シリーズRAIDアダプタ、HBA 1000 ホストバスアダプタ』
の販売を開始しました。
https://www.etechnoshop.com/category/pc_buhin_fa_sangyo/microsemi_adaptec_pc_buhin

SMH Technologies社(旧SofTec Microsystems社『FlashRunner(フラッシュラ
ンナー)』の販売を開始しました。
https://www.etechnoshop.com/category/maker_betsu/smh_technologies_maker_betsu

=======================================================================
お客様に有益な情報をお知らせしたいと思っておりますので、是非ご意見・
ご感想等を頂けましたら幸いです。今後とも宜しくお願い致します。

このメールは、弊社営業と名刺交換させて頂いた方、弊社へメールにて
お問い合わせを頂いた方へ配信しています。

=======================================================================
イーグローバレッジ株式会社 CS本部 第一部
  URL: https://www.e-globaledge.com/
※ ご意見・ご要望のご連絡、配信先の変更・配信の停止につきましては、
  下記のメールアドレスへご連絡下さい (本メールの配信元アドレス)。
  E-mail: cs1-news@ml.e-globaledge.com
※ 営業的なお問い合わせにつきましては、上記メールアドレスまたは、
  次の電話番号までご連絡をお願い致します。 TEL: 03-6412-5082
※ 本文に記載されている会社名、製品名は一般に各社の商標又は、登録商標
  です。
※ 記載記事の内容は予告する事無く変更する事が有ります。
※ 記載記事の内容を許可なく複製、転載する事を禁じます。
=======================================================================

2018年2月6日
イーグローバレッジ株式会社